Ubuntu Budgie 18.04をVMWareにインストール&直後の設定

Ubuntu Budgie 18.04をVMWareにインストール&直後の設定
Budgie Welcomeの画面

Ubuntu Budgie について

この記事では、Ubuntu BudgieをVMWare Workstation Player上の仮想マシンにインストールした後、開発ツールやLaTeXなどの環境整備や日本語化を行います。

Budgie デスクトップ環境はSolus OSのために書かれたデスクトップ環境ですが、UbuntuやManjaroなど、様々なLinuxディストリビューションに移植されています。

Budgie は、シンプルでモダンなUIと、macOSのようなグローバルメニュー(一番上にメニューバーが表示される)をサポートしているのが特徴です。

環境

  • ホストPC: Windows 7, Core i5-4200U, 8GB RAM, 240GB SSD
  • VMWare: VMWare Workstation 15 Player
  • ゲストOS: Ubuntu Budgie 18.04.1 LTS (amd64)

Ubuntu Budgie の入手

以下に示す公式サイトから、64bitまたは32bitのisoイメージファイルが入手可能です。今回は、Version 18.04.1の64bitとします。

Download | Ubuntu Budgie

VMWare Workstation Playerのインストール

以下に示す公式サイトから、Windows向けのインストーラが入手可能です。試用とありますが、非営利目的での試用であれば無料です。

VMware Workstation Player の試用

ダウンロードが終了したら、実行してインストールを行います。

Ubuntu Budgie のインストール

VMWareのメイン画面から「新規仮想マシンの作成」を実行し、入手したUbuntu Budgie のisoファイルを指定します。ここで、Ubuntu向けの簡易インストールが使用できます。簡易インストールを選択したら、「次へ」をクリックします。

Ubuntu Budgie のイメージファイルの指定
Ubuntu Budgie のイメージファイルの指定

まず、使用するユーザー名とパスワードを設定します。「フル ネーム」はログイン時に表示される名前、「ユーザー名」と「パスワード」はログイン時に使用するものです。「ユーザー名」はBashなどに表示されます。

パーソナライズ情報の設定画面
パーソナライズ情報の設定画面

次に、インストールする仮想マシンの名前と場所を設定します。今回は、名前を”Ubuntu Budgie 18.04.1 LTS 64bit”、場所はデフオルトのままDocuments下の”Virtual Machines”ディレクトリとしました。

名前と場所の設定画面
名前と場所の設定画面

最後に、仮想ディスクの設定を行います。今回はサイズを30GBとしました。二番目の設定項目は「仮想ディスクを複数のファイルに分割」を選びます。単一にしてもあまりいいことがないと思います。

仮想ディスクの設定画面
仮想ディスクの設定画面

設定が終わると、以下の画面になります。設定を変更したい場合は、「ハードウェアをカスタマイズ」をクリックします。今回は、メモリのサイズを変更します。

作成準備の完了
作成準備の完了

メモリサイズの変更では、「推奨最大メモリ」を超えない範囲で設定します。今回は4GBとしました。

メモリサイズの変更
メモリサイズの変更

「閉じる」を押して、「完了」を押すとUbuntu Budgie が起動します。その後、インストールが自動的に行われます。

Ubuntu Budgie インストール後の設定

インストールが完了すると、以下のようなログイン画面になるので、ログインします。

ログイン画面
ログイン画面

キーボードの種類を変更

デフォルトでは、キーボードがUS配列となっています。個人的にはUS配列のほうが好きですが、JIS配列に変更する方法を記述しておきます。

まず、左上の Budgie メニューから”Region & Language”を起動します。以下の画面になるので、”Input Sources”の+ボタンをクリックします。ポップアップが出たら”…”をクリックして、一番下までスクロールします。”Other”をクリックすると全世界の配列が表示されるので、”Japanese”を選択し、”Add”をクリックします。

"Japanese"を選択
“Japanese”を選択

ポップアップが消えるので、今度は”English (US)”を選択して、-ボタンをクリックします。

Budgie デスクトップの設定を変更

まず、より落ち着いたテーマに変更し、Dark themeを有効化します。

左上の Budgie メニューから”Budgie Desktop Settings”を起動し、以下のように設定します。テーマは”Arc-Dark”、アイコンは”Pocillo”、カーソルは”DMZ-White”、Dark themeをオン、仮想マシンのためアニメーションはオフとしました。

Budgie テーマの設定
Budgie テーマの設定

次に、クローズボタン等を左側に配置し、オートタイリングを無効にします。左側のメニューから”Windows”を選択したら、以下のように設定を変更します。デフォルトでは、Windowsのように右側にクローズボタン等が表示されます。また、オートタイリングが有効になっていますが、鬱陶しいので無効化します。

Budgie ウィンドウの設定
Budgie ウィンドウの設定

プロキシの設定

学内・社内プロキシ等に対応する必要のある場合は、プロキシの設定を行います。

まず、GUIでの設定を行い、それが適用されないaptのための設定を行います。

左上の Budgie メニューから、”Network”を起動します。起動したら、”Network Proxy”項目の歯車アイコンをクリックして設定します。プロキシのURLとポート番号は置き換えてください。

プロキシの設定 (GUI)
プロキシの設定 (GUI)

次に、左のDockから端末エミュレータのTilixを起動します。

標準でインストールされているnanoを使い、設定ファイルを作成するために以下のコマンドを入力します。

$ sudo nano /etc/apt/apt.conf.d/80proxy

nanoが起動したら、以下のように記述してCtrl+X、そしてEnterで保存します。プロキシのURLとポート番号は置き換えてください。

Acquire::http::proxy "http://proxy.example.com:8080/";
Acquire::https::proxy "http://proxy.example.com:8080/";
Acquire::ftp::proxy "http://proxy.example.com:8080/";

aptの準備

aptを使っていくつかのソフトウェアをインストールする前に、アップデートを行います。以下の2つのコマンドを実行します。

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade

Mozcのインストール

日本語入力のため、Mozcをインストールします。

まず、以下のコマンドを入力して、fcitxとmozcをインストールします。

$ sudo apt install fcitx-mozc

次に、左上の Budgie メニューから”Input Method”を起動し、”OK”から”NO”へ進むと、次の画面になるので、”fcitx”を選択します。

fcitxの選択
fcitxの選択

“OK”をクリックし、ウィザードを終了したら、一旦ログアウトして、再度ログインします。

次に、左上の Budgie メニューから”Fcitx Configuration”を起動します。すると、以下の画面になります。

Fcitxの設定画面
Fcitxの設定画面

左下の+ボタンをクリックして、”Mozc”を選択します。以下のように”mozc”と検索すると早いです。

"Mozc"を選択
“Mozc”を選択

“OK”をクリックします。

次に、上のタブから”Global Config”を選択して、入力切替のキーを登録します。デフォルトではCtrl+Spaceとなっているので、全角半角などに変更します。

全角半角キーに設定
全角半角キーに設定

最後に、左上の Budgie メニューから”gedit Text Editor”を起動して、テストします。

Mozcが動作する様子
Mozcが動作する様子

タイムゾーンの設定

タイムゾーンをJSTに変更します。

まず、左上の Budgie メニューから”Date & Time”を起動します。”Time Zone”をクリックして、表示された地図から日本をクリックします。

日本のあたりをクリック
日本のあたりをクリック

グローバルメニューの有効化

macOSのように、メニューバーを一番上に表示させるための設定を行います。

まず、左上の Budgie メニューから”Budgie Applets”を起動します。起動したら、”Global Menu Applet”を探して、”Install Applet”をクリックします。

Global Menu Appletのインストール
Global Menu Appletのインストール

ウィンドウを閉じたら、左上のBudgieメニューから”Budgie Desktop Settings”を起動します。左のメニューから、”Top Panel”を選択します。

まずは”Clock”を選択して、下矢印ボタンでパネル上の右の方へ移動させます。

Clockの位置を真ん中から右へ
Clockの位置を真ん中から右へ

次に、”Add applet”の+ボタンをクリックして、”Global Menu”を追加します。”Show menus from windows”を選択して、”Budgie Menu”の下まで移動させます。

Global Menuの位置をパネルの左側にする
Global Menuの位置をパネルの左側にする

このとき、ついでに不要なSeparatorやSpacerはxボタンで削除します。

Dock (Plank)の設定を変更

デフォルトでは、PlankによるDockが左に表示されています。好みの問題ですが、これを下に移動し、テーマを変更してアイコンズームを有効化します。

まず、左上の Budgie メニューから”Plank Preferences”を起動します。起動したら、以下のようにして”Theme”を”Transparent”に、”Position”を”Bottom”に設定し、”Icon Zoom”をオンにします。

macOS風になります
macOS風になります

ウィンドウを閉じて終了します。

開発環境のインストール

私がUbuntu Budgie をわざわざWindowsにインストールするのは、Emacsがちゃんと動く開発環境のためです。ここでは基本的な開発環境を整えます。

build-essentialのインストール

gcc, gdb, Makeなどといったツールをインストールするには、build-essentialを入れるだけでよいです。以下のコマンドを実行します。

$ sudo apt install build-essential

gitのインストール

今の時代では、gitを使ったバージョン管理はもちろん、git cloneでのソースコード取得も必須です。以下のコマンドを実行してgitをインストールします。

$ sudo apt install git

Python開発環境のインストール

デフォルトでPython2と3の両方がインストールされていますが、開発用パッケージとPythonのライブラリを豊富に扱うpipはインストールされていません。以下のコマンドを実行してインストールします。

$ sudo apt install python-pip python-dev python3-pip python3-dev

pipをインストールしたら、私はよく使うのでnumpymatplotlibをインストールします。

$ pip3 install numpy matplotlib

そのままではfrom matplotlib import pyplotが実行できないので、以下のコマンドを実行してtkinterをインストールします。

$ sudo apt install tk-dev python3-tk

Emacsのインストール

Emacs教の方は、以下のコマンドでEmacsをインストールします。

$ sudo apt install emacs25

インストールが終わったら、自分の.emacs.dを適用します。

LaTeXの環境整備

私がUbuntu Budgie をインストールする理由はもう一つあります。それは、Emacsのやてふを使って快適にLaTeXを使いたいからです。

以下のコマンドを実行して、LaTeXとその関連パッケージをインストールします。

$ sudo apt install texlive-lang-cjk xdvik-ja evince
$ sudo apt install texlive-fonts-recommended texlive-fonts-extra

以下のコマンドを実行して、texファイルをpdfに変換します。

$ platex hoge.tex
$ dvipdfmx hoge.dvi

インストールしたevinceを実行して、pdfファイルを表示します。

$ evince hoge.pdf &

Gnome Teminalのインストール

Ubuntu Budgie のデフォルトの端末エミュレータはTilixですが、私は端末エミュレータには多機能さを求めていないので、シンプルなGnome Terminalをインストールします。

$ sudo apt install gnome-terminal

左上のBudgieメニューから、”Terminal”の名前で起動できます。

シンプルで無駄のないUI
シンプルで無駄のないUI、すばらしい!

Firefoxのインストール

Ubuntu Budgie のデフォルトはChromium Browserですが、Firefox派の私はfirefoxに変更します。

まず、以下のコマンドを実行してChromiumを完全に削除します。

$ sudo apt remove --auto-remove chromium-browser
$ sudo apt purge chromium-browser

次に、Firefoxをインストールします。

$ sudo apt install firefox

日本語化

私は英語のまま使いたいですが、一応日本語化の手順を記しておきます。

まず、左上の Budgie メニューから”Language Support”を起動します。起動したら、”Install / Remove Languages…”をクリックします。以下の画面になるので、”Japanese”を選択して”Apply”をクリックします。

Japaneseを選択
Japaneseを選択

次に左上の Budgie メニューから”Region & Language”を起動します。起動したら、”Language”をクリックして、”Japanese”を選択後”Done”をクリックします。以下の画面になり、再ログインを促されるので、”Restart…”をクリックします。

Restartとありますが再ログインです
Restartとありますが再ログインです

最後に、システムフォントをNoto Sans CJK JPに変更します。Noto Sans CJK JPは、GoogleとAdobeが共同開発したオープンソースフォントです。Adobeの源ノ角ゴシック (Source Han Sans)とほぼ同じものです。左上のBudgieメニューから”Budgie Desktop Settings”を起動して、”フォント”から以下のように設定を変更します。

すべてNoto Sansに変更します
すべてNoto Sansに変更します

以上でUbuntu Budgie インストール後の設定が終了しました。