SW4STM32

SW4STM32でHALを使わずにPWM出力を行う

Nucleo F411RE

はじめに System Workbench for STM32 (SW4STM32)を使ったSTM32マイコンプログラミングについて調べていると,その情報の95%はHALやLLといった抽象化レイヤーを使ったものになるといっても過言ではないでしょう. しかし,こういった抽象化レイヤーは何をやっているかわからない!! 例えばここ (About STM32 HAL quality and perform […]

STM32の開発環境をmacOS Mojaveに構築する

Nucleo F411RE

はじめに これまでNucleo F303K8やF303REなどをARM Mbedとして使っていたのですが,MbedはRTOSのMbed OS 5に移行中で,UARTのバグが放置されているなどの問題が起きています. しかしながら,Nucleo評価ボードは格安で手に入るため,活用していきたいところです.そこでSystem Workbench for STM32 (SW4STM32)とSTM32Cube […]